上映の14作品発表 3年越し日本映画祭 国際交流基金

 映画を通じて日本文化を紹介する国際交流基金ジャカルタ日本文化センターの「日本映画祭(JFF=Japanese Film Festival)での上映作品が発表された。胸に響く人間ドラマを中心に14作品が選出された。
 第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこ氏の小説を映画化した前田哲監督の『そして、バトンは渡された』。前田監督は「本作は『人生は残酷だけど捨てたもんじゃないよ』と耳元でささやくような優しさに溢れている」と映画祭へメッセージを寄せた。
 また、第45回日本アカデミー賞で優秀作品賞・優秀監督賞など11部門を受賞した『譲られなかった者たちへ』や第26回ファンタジア国際映画祭長編アニメーショングランプリを受賞したミュージカル・アニメーション『犬王』。
 そのほか、ドラマから『空白』『BLUE/ブルー』『ハケンアニメ!』『死刑にいたる病』『さんかく窓の外側は夜』『ステップ』『すばらしき世界』。アニメから『ブルーサーマル』『映画えんとつ町のプペル』、コメディから『ライアー×ライアー』『一度死んでみた』が上映される。
 日程は中央ジャカルタのグランド・インドネシア内にあるCGVシネマで11月3~6日、南スラウェシ州マカッサル市のパナクカン・スクエア内にあるCGVシネマで11月18~20日、西ジャワ州バンドン市のパリス・ファン・ジャワ内にあるCGVシネマで12月2~4日。
 上映スケジュールやチケット販売に関する情報は10月下旬に発表する予定という。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly