【ジャカルタ日本祭り特集】日本の祭りを語る アルハン選手 東京ヴェルディ

 15日に歌手の加藤ひろあきさんと、e—football対決で動画出演する日本プロサッカーチーム、東京ヴェルディのプラタマ・アルハン・アリフ・リファイ選手(20)。アルハン選手はJJMについて、「JJMは知らなかったが、日本では夏の終わりに開催される祭りと似ていると教わった。日本の祭りは1度だけ行った事があり、踊りや獅子舞を見た。花火はまだ見ていない」と日本の祭りについて触れ、「素晴らしかった。多くの人が訪れ、賑わっていて楽しかった」と初めて祭りを体験した感想を語った。
 また、JJMの今年のテーマである「友だち」について「友だちは、多くのことを共有し、共に学ぶ存在。日本のチームメートとももう近しい仲になった」と安堵の表情を見せた。
 一方、日本生活では「おはよう」「こんにちは」のような挨拶や「右」「左」などの日常単語の日本語は既に覚えたようで、現在は翻訳担当者に日本語を教えてもらっていると言い、「プレー中や練習などで使うフィールド用語はあるが少しずつ勉強していこうと思う」とはにかんだ。
 またインドネシアを恋しく思う瞬間もあるようで「アスリートとして食事管理には気を配らないといけないが、時々ジャワの家庭料理が食べたくなる。また、いつも家族のことを思っている」とした。
 日本の四季について、「やはりインドネシア人なので冬の寒さに驚いたが、今はもう慣れた」と適応しており、「日本ではまだ東京タワーや渋谷、新宿くらいしか行っていない。富士山へ行ってみたい」と日本観光にも興味があるようであった。(青山桃花)

別刷り特集 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly