【ジャカルタ日本祭り特集】しなやかで力強い音を ギャラクシー 在留邦人ビッグバンド

 ジャカルタ日本祭り(JJM)で15日、インドネシア在留邦人ビッグバンドの「ギャラクシー」がfXスディルマンのステージパフォーマンスに登場する。
 インドネシア最大の音楽の祭典「ジャワ・ジャズ・フェスティバル」に出場6回。名門ジャズクラブのブルーノート・ジャパンのグループ店となる中央ジャカルタ・フェアモントホテルの「モーションブルー」で3回の出演経験がある実力派バンドでJJM出演も常連となる。
 同バンドを引っ張る服部恒朗氏(63)は「結成30周年という節目にJJMに出演できることは光栄なこと。当日は楽しく演奏したい」と語った。
 スイングジャズ、ビッグバンドジャズを代表する「カウント・ベイシー・オーケストラ」の曲を中心に6曲を演奏し、観客をジャズの世界へ導く。
 スイングジャズとはアメリカで誕生した耳なじみの良いメロディーが特徴のダンスミュージックで、ビッグバンドジャズとは15~20人の演奏形態を指す。
 また、世界的ヒットを果たした「コーヒー・ルンバ」がインドネシアでも愛されていることから同曲も演奏する予定だ。
 同バンドは現在、日イ混合のメンバーで17人が在籍。JJMへの出演当日はインドネシア人のボーカルによるしなやかで力強い歌声とメンバーが奏でるサックス、トランペット、トロンボーン、ギター、ドラム、ピアノなどが織りなす響きで会場を沸かせる。(青山桃花、写真も)

別刷り特集 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly