LRT、再び開業延期 年末から23年6月に

 ジャカルタと西ジャワ州ブカシ市やデポック市を結ぶ「軽量高架鉄道(LRT)ジャボデベック」の建設工事を担当する国営建設アディ・カルヤのエントゥス・アスナウィ社長は13日、LRTの開業は2023年6月に延期すると発表した。地元メディアが報じた。
 エントゥス氏はLRTジャボデベックの建設工事の進ちょく率は「13日時点で96%に達した」とした。しかし、同氏は「安全面を保証しなければならない」と説明。昨年10月には試験運転中の電車が正面衝突事故を起こすなど安全運行を疑問視する声が出ていた。
 LRTジャボデベックは衝突事故の直後、独立記念日にあたる8月17日に開業すると発表。しかし、運輸省鉄道局のズルフィクリ局長は6月、安全強化と信号システムに関する調整になお時間がかかるとし、開業は12月末にずれ込むとしていた。(長田陸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly