大統領満足度72.3%に回復 LSI調査

 民間調査機関LSIのジャヤディ・ハナン事務局長は4日、ジョコウィ大統領に対する満足度調査で、大統領の満足度が72・3%に回復したと発表した。5月調査では67・5%だった。地元メディアが報じた。
 調査は8月13〜21日の間に行われ、有権者1220人から回答を得た。
 ジャヤディ氏は「国内の経済状況が良くなったため、満足度が回復した」と説明。満足と答えた理由は「貧困層への支援」が40%、「インフラ整備」が20・4%だった。
 一方、2024年大統領選の支持率調査では、中部ジャワ州のガンジャル・プラノウォ知事が24・5%と最も高く、プラボウォ・スビアント国防相の21・3%、ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事が19・3%と続いた。
 また現状で大統領選が行われた場合の正副大統領候補を問う調査では、最も好感されたのはプラボウォ氏とエリック・トーヒル国営企業相のペアで37・8%。続いてガンジャル氏とプアン・マハラニ国会議長の28・2%となり、アイルランガ・ハルタルト経済調整相と西ジャワ州のリドワン・カミル知事のペアは16・8%だった。

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly