サル痘感染初確認 ジャカルタの男性 海外渡航歴あり

 保健省のモハンマド・シャフリル報道官は20日、国内で初めてサル痘の感染者が確認されたと発表した。感染したのはジャカルタ特別州出身の27歳の男性。男性には7月22日以降、オランダ、スイス、ベルギー、フランスへの渡航歴があるという。地元メディアが報じた。
 男性は8日、ジャカルタに帰国。14日に発熱し、16日から発疹が出たという。シャフリル氏は男性の様態について、「18日に検査を受け、19日に(サル痘の)陽性の結果が出たが軽症である」と説明している。
 世界保健機構(WHO)の10日の発表によると、同日時点で世界89カ国・地域で2万7814人の感染者が確認されており、死者は11人となっている。
 国内での初感染を受け、シャフリル氏は「新型コロナウイルスと比較し感染率も死亡率も低い。パニックに陥らないように」と国民に呼びかけている。
 また、サル痘のワクチン接種に関しては「政府は(有効とされる天然痘ワクチンを)約1万回分を準備している。感染者と濃厚接触者が優先的に接種することになる」と話した。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly