トヨタ、EV143台提供 G20サミット オフィシャルカーに採用

 アイルランガ・ハルタルト経済調整相は10日、11月にバリ島で開催が予定されている20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、トヨタ自動車の電気自動車(EV)「レクサスUX300e」をオフィシャルカーとして採用すると発表した。
 トヨタの現地販売会社トヨタ・アストラ・モーター(TAM)は今後、日本から黒色のレクサスUX300eを143台導入する。VIP専用車として利用するという。G20サミットのオフィシャルカーに採用されたEVは、韓国、中国が先行しており、日本車が認められたのは今回が初めてとなる。
 TAMのヘンリー副社長は「トヨタは顧客の要望に合わせて様々なタイプの電動車を準備する。選択肢が増えることで、客が希望する車を購入できるようになり、脱炭素化に貢献できるようになる」と話した。
 レクサスUX300eは満充電の状態で367㌔走行できる。充電時間は急速充電なら約80分で完了する。日本での販売価格は580万円から。
 アイルランガ氏は今回のトヨタとの協力などを通じ、脱炭素化などの「エネルギー転換を進める」とした。同氏はレクサスUX300e試乗後、「快適だった」と感想を述べた。(長田陸、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly