利用者1815万人と倍増 スカルノハッタ国際空港 第2アンカサプラ

 国営空港運営会社の第2アンカサプラは7月31日、スカルノハッタ国際空港(バンテン州タンゲラン)における2022年上半期(1~6月)の発着路線は国内便112路線、国際便108路線にまで増え、前年同期と比べ43・8%増と発表した。旅客数も前年同期比の2倍の1815万人に達した。
 最も人気であった路線は、バリ州デンパサール線で192万人。シンガポール線が54万人。同社のムハンマド・アワルディン社長は「同空港の航空交通量はコロナ禍前の2019年から見て82・5%回復した。これを維持・促進すれば全国の航空部門の回復につながる」と述べた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly