安倍元首相へ弔問記帳  あすまで受付 日本大使館

 在インドネシア日本大使館は11日、安倍晋三元首相の逝去に伴って半旗を掲げ、弔問記帳の受付を開始した。初日となったこの日は、日本人だけでなく多くのインドネシア人が駆けつけ、時間帯によっては記帳待ちの列をつくった。
 ルトノ・マルスディ外相やラフマット・ゴーベル国会副議長をはじめ、政府要人も金杉憲治駐インドネシア大使が見守る中、別室に設けられた記帳台で遺影に追悼した。在任中は外交・安保政策に力を注いだ安倍氏だが、各国外交官の来訪も相次いだ。
 大使館内の講堂に設置された一般用の記帳台には3冊の芳名帳が置かれ、署名だけでなく故人をしのぶ言葉をしたためることができる。
 受付は、12日と13日でそれぞれ午前9時~正午、午後1~4時。弔問の際はパスポートや運転免許証など顔写真付きの身分証明書の提示が必須となる。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly