ブースター接種条件に コロナ感染拡大で 国内移動

 国内で新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向を示し続ける中、政府は国内移動やイベントに参加する際の制限強化を再び始めた。

 ルフット・パンジャイタン海事・投資調整相は23日、7月も新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向を示し続ける場合、国内移動する際に新型コロナウイルスワクチンのブースター接種を条件とする可能性があると発表した。伸び悩むブースター接種を進める狙いもあると考えられる。地元メディアが報じた。
 国内では5月下旬ごろからオミクロン株の派生型「BA.4」と「BA.5」が確認されて以来、感染者数が増加傾向にある。ルフット氏は「ブースター接種は派生型を減らすのに役立つことが証明されている」と強調した。
 国内移動の条件をめぐり、インドネシア医師協会(IDI)の幹部、エルリナ・ブルハン氏は政府に対し、新型コロナ検査による陰性証明の提示再開を要請していた。今後、国内移動制限が強化される可能性がある。(長田陸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly