LGBT旗の掲揚で 英国大使を抗議 外務省

 外務省は23日、オーウェン・ジェンキンス駐インドネシア英国大使を呼び、同国大使館が17日、性的マイノリティ(LGBT)を象徴する「虹色の旗」を敷地内に掲げたことに抗議した。地元メディアが伝えた。
 外務省のトゥク・ファイザシャ報道官は、大使を呼び出した理由について、「LGBTの旗を掲げ、公開することは、英国大使館がインドネシアの文化を軽視していることを意味する」と説明した。
 その上でファイザシャ氏は、LGBTの旗を掲げた英国大使館の行為に不快感を示し、外務省として「全ての外国公館はインドネシアの宗教的、文化的規範を尊重すべきだ」と強く要請した。
 ジェンキンス大使は自身のインスタグラムで旗を掲揚した当日、「掲揚は『LGBT嫌悪に反対する国際デー(IDAHOBIT)』に合わせたもの。英国はLGBTの権利のために闘い、彼らを支援する」と述べていた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly