レール敷設工事始まる バンドン高速鉄道 工事進ちょく率は82%

 ブディ・カルヤ・スマディ運輸相は20日、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道のレール敷設工事の開始を正式発表した。工事は同州バンドン県のトゥガルアル車両基地から始まり、ジャカルタ方面に向け設置していく。地元メディアが報じた。
 作業は、1本50メートルのレールを溶接し500メートルの長さにつないでから設置する。ブディ氏は「レールの設置は東南アジア初となる先端的な技術を利用する」と説明。工事の迅速化に期待感を示した。
 また、高速鉄道を運営するインドネシア中国高速鉄道(KCIC)のドゥイヤナ・スラメット・リヤディ社長によると、現在の工事進ちょく率は82%。2023年の運行開始を目指しているという。
 これに対しブディ氏は、政府は22年末までに試験運行の開始を目標に掲げていることを明らかにし、「ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領と中国の(習近平)国家主席が共に試験運行に参加できることを願う」と話した。
 高速鉄道の全長は142・3キロとなる計画。ブディ氏は「ジャカルタとバンドンを結ぶ高速鉄道は国家戦略プロジェクトであり、インドネシアと中国の友好的な象徴となる」と強調している。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly