EV用電池工場を建設 約60億ドルを投資 CATL

 車載電池分野で世界最大手となる中国の寧徳時代新能源科技(CATL、福建省)は15日、インドネシアの国営企業2社と連携し、電気自動車(EV)向けのバッテリー開発に取り組む方針を発表した。原料となるニッ.....

総文字数 :821文字 残り721文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly