新たに3路線で就航 ジャカルタ~スマランなど スーパーエアジェット

 インドネシアの格安航空会社(LCC)「スーパー・エアジェット」のアリ・アズハリ社長は12日、22日からジャカルタ~スマラン(中部ジャワ州)など新たに3路線を就航すると発表した。国内線搭乗時の新型コロナウイルスのPCR検査は原則免除となり、レバラン(断食月明け大祭)に向けて国民の移動が活発化する中、需要が高い路線の就航で収益増を狙う。地元メディアが報じた。
 新たに就航するのはスカルノハッタ国際空港(バンテン州タンゲラン)~アフマッド・ヤニ国際空港(中部ジャワ州スマラン)で、運賃は35万3100ルピアからとなる。
 また、スカルノハッタ国際空港~シャムスディン・ヌル国際空港(南カリマンタン州バンジャルマシン)が84万7900ルピアから。ジュアンダ国際空港(東ジャワ州スラバヤ)~アジ・パンゲラン・トゥムングン・プラノト国際空港(東カリマンタン州サマリンダ)は50万7900ルピアからとなる。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly