新首都異動に「ノー」 ジャカルタに転勤願い 公務員

 東カリマンタン州に建設する新首都「ヌサンタラ(群島)」への移転計画が動き出す中、新しい省庁への異動を拒む公務員が続出している。これに対し政府は転勤は公務員の義務とし、異動拒否者には罰則を持って臨む姿勢を見せている。地元メディアが伝えた。
 これによると、中央省庁に勤める公務員が転職願いを持ってジャカルタ特別州政府に殺到している。東カリマンタン州への異動を拒み、生活基盤のあるジャカルタ勤務を希求している。
 これに対し、チャフヨ・クモロ国家行政改革相は、「公務員に勤務地を選ぶことはできない。異動人数は未定だが、発令後は従ってもらう」と警鐘を鳴らした。
 国家公務員庁のサトヤ・プラタマ広報局長によると、「(異動拒否者には)手当の削減や降格人事、また解雇もあり得る」とし、厳罰処分も辞さない構えだ。
 一方、公務員が逃げ込む同州政府のアニス・バスウェダン知事も「職員は足りている」としており、転職願いは受け入れない方針を示している。(センディ・ラマ)

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly