スメル山が噴火 ジャワ島最高峰 5日時点で14人死亡

 東ジャワ州のブロモ・テンゲル・スメル国立公園にあるスメル山が4日午後3時半ごろ、噴火し、火口から500~800メートル先まで溶岩が流れ出た。5日時点で噴火の影響により14人が死亡、102人が火傷などの重軽傷を負っている。地元メディアが報じた。            

 国家防災庁(BNPB)はスメル山から5キロ以上離れた地域に避難するよう指示している。これにより、スメル山周辺に住む1300人以上の住民が避難生活を強いられている。
 国営アンタラ通信によると、スメル山から北に約100キロ離れた場所にあるジュアンダ国際空港(東ジャワ州スラバヤ市)の空の便の運行に影響はないとしている。また、国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)も通常運行を続けるという。
 今回の噴火を受け、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は5日、短文投稿サイト「ツイッター」の自身のアカウントで「医療支援、物流支援、インフラの改善は早急に行わなければならない。BNPB、国軍、国家救命隊(BASARNAS)など各関係機関に迅速な支援を要請した」と発信している。
 スメル山は活火山で、標高3676メートル。ジャワ島で最も標高が高い山となる。(長田陸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly