高速道でも奇数偶数制度  20日から実施 運輸相

 ブディ・カルヤ・スマディ運輸相は1日、車両のナンバープレート末尾の数字で通行を制限する奇数偶数制度を高速道でも実施すると発表した。期間は20日から2022年1月2日までとした。地元メディアが報じた。
 対象となるのは、バンテン州タンゲラン~メラック、西ジャワ州ボゴール~チアウィ~チゴンボン、同州チカンペック~パリマナン~カンチ、同州チカンペック~パダララン~チレウニの4区間。報道ではジャカルタ特別州に通じる高速道は規制対象から外れた。
 ブディ氏は、人流増加が予測される観光地などがある地域を中心に同制度を実施すると説明。「規制を設けることで交通量が約30%減少する」としている。
 また、高速道のサービスエリアでは、新型コロナウイルスのワクチン接種を保健アプリ「PeduliLindungi(プドゥリリンドゥンギ)」で証明、または迅速抗原検査による陰性証明書の提示をさせるランダム検査などを行うとしているが、ブディ氏は計画の詳細について現時点での言及を避けた。
 奇数偶数制度はこれまで、国内各地の一般道路で実施されていた。規制範囲を高速道まで拡大することで、政府はクリスマスや年末年始の人流増加を抑え、新型コロナの感染拡大を防ぐ方針だ。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly