待機実習生は1万人超 派遣実現に努力 送り出し業界団体

 民間送り出し機関の業界団体「海外実習事業主催協議会(AP2LN)」は25日、中央ジャカルタのホテルで総会を開き、日本に渡航できない技能実習生候補が1万人を越えたとして、派遣実現に努力を重ねる方針を確認した。 
 AP2LNのフィルマン・ブディ会長はこの日の報告で、日本政府が今月8日、入国制限の大幅緩和に踏み切ったことに言及。ただ、「まだインドネシアから日本に行けた技能実習生はいない」とした。
 新型コロナウイルスの感染拡大後、技能実習生の日本派遣の道は閉ざされたまま。ブディ会長によると、「派遣準備が整ったまま、待機している実習生候補者は1万人を越えている」という。(センディ・ラマ)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly