第16回ビンタンカップ

 21日、チームビンタンはホームコースチカランにて、第16回ビンタンカップを開催した=写真。これまで本帰国メンバーの送別レースばかりであったが、今回は初の新メンバー歓迎ビンタンカップであった。距離はいつものショートディスタンス(Swim1・5km、Bike40km、Run10km)トライアスロンで、新メンバー5名を含む総勢11名で汗を流した。
 優勝を飾ったのは黒田さん。バイク終了時で3位だったが、ランパートで先頭に出て、そのままぶっちぎりでビンタンカップ3連勝を飾った。2位は高橋さん。バイクで先頭に出たものの、ランの2/3地点で黒田さんにかわされるも食らいつき何とか2番手でゴール。3位は今回初参加の武田さん。得意のバイクは異次元の速さ、スイムもランも平均以上の安定した走りでフィニッシュ。4位の野一色さんもトライアスロン初挑戦。ランで39分というダントツの速さで初完走を果たした。
 今大会で初めてスイム1500mを泳いだというメンバーや、猛暑のランでかなり苦労した人もいたが、全員レースを楽しみつつ、ゴール後のビールを美味しく味わった。昨年今年とインドネシア内でレースがないので、ひさびさのビンタンカップは本当にありがたく、改めてトライアスロンの良さを体感できた。新メンバーからもまたリベンジしたい声があがり、来年早々に開催する予定である。
 チーム内の身内レース、ビンタンカップもすでに16回目。トランジットエリアやエイドステーションも自分たちで設営している手作り感あふれるレースである。スイムはプールの専用レーンで安心して泳げるので、初チャレンジには最適だ。トライアスロンはアパートのプールで泳ぎ、ジムでエアロバイクを漕ぎ、トレッドミルで走るのと基本的には同じ。誰でも気軽に取り組めるし、思ったほどハードルは高くない。その一方、完走できた時の感動は想像以上。スイム教室や土日に練習会をやっているので、お試しで参加することも可能。こんな大人の部活動に関心のある人、問い合わせは代表の高橋さん (メール hideptaka@yahoo.com)まで。
×   ×
 原稿は写真1枚付き。文末に氏名かペンネームをご記載ください。掲載時は12文字詰で20~60行程度になるよう、編集させていただきます。
 投稿は担当者(メールjalanjalan@jkshimbun.com)まで。ご応募お待ちしています。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly