地方政府との連携強化 投資省

 投資省(BKPM)はこのほど、インドネシア全県政府協会(APKASI)との間で、地方への投資促進に向けて協力する覚書(MOU)を締結した。経済紙コンタンなどが報じた。
 BKPMが投資方針に関する情報をAPKASI側に共有し、投資家が直面する各種課題の解決といった取り組みを強化し、ジャワ島外を含めた地方への投資増を狙う。
 政府はこれまで、事業許認可をインターネット上で一元的に実施する「オンライン・シングル・サブミッション(OSS)」の導入を進め、2018年の導入時点で約400あった各種事業ライセンス手続きの簡素化も進めてきた。
 MOUでは、地方の発展に向けたビジネス環境整備を進め、投資分野における政策の普及を進めることなどが盛り込まれた。具体的な施策については今後詰めていく。
 1~9月の期間のジャワ島への投資額は、318兆7千億ルピア(全体の48・3%)、ジャワ島外は340兆7千億ルピア(51・7%)と、ジャワ島外が上回った。
 BKPMのバフリル・ラハダリア投資相は「投資の増加により、雇用が創出され、経済発展につなげることができるだろう」と地方政府との協力への期待を話す。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly