【WSBKマンダリカ広告特集】 目指すは7連覇達成 カワサキ・モーター・インドネシア 井上仁社長

 「前人未踏の7連覇達成へ」――。
 マンダリカ国際サーキットで開幕する市販車最高峰のロードレース、「スーパーバイク世界選手権(WSBK)」。カワサキ・レーシング・チームがここに賭ける思いは、この一言に尽きる。
 昨年12月に着任したカワサキ・モーター・インドネシアの井上仁社長(61)は、世界のレースに関わるモータースポーツ部の出身。1994年完成のスントゥール国際サーキット(西ジャワ州ボゴール県)で行われたインドネシア初となった当時の世界GPに加わった経歴を持つ。それだけにマンダリカ参戦は「感慨深く、意義深い」。
 現地入りを前に井上社長は、チームがレース中の移動の足として使うオフロードバイクのKLX150を送り込み、スペイン・バルセロナから搬送されたレース車や英国人ライダーの移動の手配などに東奔西走してきた。
 「スポーツバイクならカワサキ」。こんなイメージ戦略で他社との差別化を図るカワサキにとり、ラインアップの頂点に立つのがWSBKを走る「Ninja ZX―10RR」だ。この技術を引き継いだ「Ninja ZX―25R」はインドネシアでも看板的な存在で、今年8月からは今年のレースカラーと同色モデルが市場投入された。
 「レースを走るあの10RRの弟分がここにありますよ」(井上社長)。7連覇が実現すればファンの気持ちをくすぐり、若いこの国のバイク市場で「ウィズ・コロナ時代」のけん引役を果たすと期待する。インドネシアに戻ってきたWSBK。カワサキは開幕に向け、スロットは〝全開モード〟に入っている。

別刷り特集 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly