【GIIAS広告特集】新型3車種を発表 商用車は競争から共生へ いすゞ

 いすゞ・アストラ・モーター・インドネシア(IAMI)は、キャプオーバー型軽量トラック「トラガ」シリーズから「トラガ・ブラインドバン」、ピックアップトラックD―max、SUVのmu―X 4×4の3つの新型車を発表した。
 販売価格は、奢侈(しゃし)税込みでトラガ・ブラインドバンが2億9120万ルピア。新型D―maxは、3グレードを用意しており3億6360万から4億5980万ルピア。新型mu—X 4×4は1グレードのみで5億5980万ルピア。トラガ・ブラインドバンの除き、2車種は新型D—maxと新型mu—X 4x4はタイからの輸入完成車となる。
 ブースには、IAMIが全国に145台配備している修理点検車「エルフBIB」も展示。IAMIの赤澤英作社長によると、アフターサービス拡充のため今後も配備を増やす予定という。
 乗用車のEV化が進むなかで赤澤社長は、「商用車メーカーは競争から共生、協力していくことが今後、大事になっていくのではないか」と語った。

別刷り特集 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly