コロナ禍でこそ新たな挑戦を 元JKT48、仲川遥香氏 夢は映画出演

 AKB48・JKT48元メンバーで、マルチタレントの仲川遥香氏が4日、最近の芸能活動などについて語った。コロナ禍でテレビの仕事が減っていると告白する一方、新しいことに挑戦できる機会を得たとポジティブに捉えていた。
 「芸能関係の仕事は減っているが、コロナ禍で大変と思ったことはほとんどない。むしろ、この状況でこそできることがあると思って楽しんでいきたい」
 仲川氏は2月からバレエに挑戦しているという。「友だちがバレエの先生だったこともあり、挑戦しようと思った。多い時は週に3~4回参加している」。
 週に約2回出演するテレビでの芸能活動のほか、写真投稿アプリ「インスタグラム」や動画投稿アプリ「Tik Tok(ティックトック)」への投稿などにも力を入れる。
 コロナ禍で芸能界が打撃を受ける中、今後に不安を感じることもある。それでも仲川氏は、「インドネシア人は楽しく仕事をやっている。私もネガティブにならず、今できることを全力でやっていきたい」と笑顔を見せた。
 当面の目標について仲川氏は、コロナ禍前のようにレギュラー番組を持ち、「映画出演が夢」とはにかんだ。「実は(映画出演の)話をもらったがコロナ禍で撮影が進まず、(出演が)なくなってしまったことが何回かある」という。
 コロナ禍という逆境の中、仲川氏は今自分にできることを模索。前向きに芸能活動を続けていく。(長田陸)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly