有給休暇取得奨励日を取り消し 人材開発・文化調整相 12月24日

 「チュティ・ブルサマ(有給休暇取得奨励日)」に指定されていた12月24日の扱いについて、ムハジル・エフェンディ人材開発・文化調整相は26日、指定を取り消すと発表した。クリスマスと年末年始の人流を抑えることで、新型コロナウイルスの感染拡大第3波を防ぐのが目的。地元メディアが報じた。
 また、政府は国家公務員に対し、年末年始に向けて有給休暇の取得を禁じている。ムハジル氏は一般市民に対しても「クリスマスや年末年始に帰省しないように」と呼びかけている。
 政府はチュティ・ブルサマを取り消すほか、公共交通機関を利用する際、新型コロナのワクチン接種を保健アプリ「PeduliLindungi(プドゥリリンドゥンギ)」で証明、PCR検査による陰性証明書の提示を段階的に義務化させるなど、新型コロナ感染防止対策を行なっている。
 ムハジル氏は、「国民の移動に厳しい規制を設けることで、人流の抑制ができることを願っている」と述べた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly