不正アクセスで一部稼働停止 スズキ現地法人

 スズキは22日、インドネシア現地法人、スズキ・インドモービル・モーター(SIM)が不正アクセスの被害を受け、四輪工場の一部で2日間稼働を見合わせたと発表した。
 同社によると、ネットワーク上の不正アクセスがあったのは10月15日。生産システムの一部が停止したことから、SIMの四輪工場の一部で2日間稼働を見合わせた。既に復旧している。
 また、現地の顧客情報が保存されているサーバーにも不正アクセスがあった。現時点で顧客の情報が流出したという事実は確認していないとされるが、引き続き詳細の調査を進めていくという。
 スズキの広報担当は「お客さまや関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけすることになり、深くお詫びする。子会社も含め情報セキュリティー対策のさらなる強化を推進していく」としている。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly