茜色に輝くグラウンド

 子どものころはグラウンドでよくサッカーをして遊んでいた。学校終わりの夕方ごろ、友だちとサッカーをするのはルーティンとなっていた。休日に散歩をしている時、ボールで遊ぶ子どもたちの姿=写真=を見て思い出した。
 当時はマグリブ(日没後の礼拝)のアザーン(イスラム礼拝の呼びかけ)を待ちながら遊んでいる子どもが大半であった。マグリブが近づくにつれ、人数は徐々に増えていき、試合も盛り上がる。そして、アザーンは試合終了を告げる音となる。私を含め、多くの子どもたちは礼拝をするためにモスクへと向かう。グラウンドに残ってサッカーをするのは4~6人ほどになる。
 昔に比べると、グラウンドでサッカーをする子どもたちの数はかなり減っていると思う。今の子どもたちはサッカーよりスマートフォンのゲームやオンラインゲームに熱中しているのだろうか。茜色に輝くグラウンドでサッカーをすることはとても良い思い出になる。今の子どもたちにもぜひ体験してもらいたい。(じゃかるた新聞=センディ・ラマ)
                    ×   ×
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本欄では同窓会や同好会、同郷会の皆さまからのイベント開催報告の募集を停止しております。これに代わり、暮らしの中で見つけた新たな発見や、インドネシア生活で感じたこと、思い出などについてのご寄稿を募集します。
 原稿は写真1枚付き。文末に氏名かペンネームをご記載ください。掲載時は12文字詰で20~60行程度になるよう、編集させていただきます。
 投稿は担当者(メールjalanjalan@jkshimbun.com)まで。ご応募お待ちしています。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly