「大統領と習主席が初試乗」  来年11月に高速鉄道  KCIC社長

 ジャカルタ~バンドン間を結ぶ高速鉄道を運営するインドネシア中国高速鉄道(KCIC)のドゥイヤナ・スラメット・リヤディ社長は18日、高速鉄道の試運転は来年11月、「ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領と中国の習近平国家主席が乗車して行う」と述べた。
 同月は20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)がバリ島で開催される予定で、インドネシアが議長国を務める。現状では対面方式で実現する方向で準備が進んでおり、中国は習主席がジョコウィ大統領と高速鉄道に試乗することで、両国の密接な経済協力関係をアピールする狙いがあるとみられる。
 ドゥイヤナ社長によると、両首脳による試乗を実現させた後、高速鉄道は非公開扱いとなり、翌12月から一般公開にこぎ着ける見通しという。(センディ・ラマ)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly