西バンドンの駅建設中止 KCIC 建設費圧縮

 ジャカルタ~バンドン(西ジャワ州)を結ぶ高速鉄道事業で、計画にあったワリニ駅(同州西バンドン県)の建設を取り止める。膨張した建設費を圧縮するためで、約142キロとなる同区間に設置されるのは計4駅となる。地元メディアが報じた。
 高速鉄道を運営するインドネシア中国高速鉄道(KCIC)のドウィヤナ・スラメット・リヤディ社長が18日、明らかにした。ワリニ駅の建設中止を受け、高速鉄道の停車駅はハリム(東ジャカルタ)、カラワン(西ジャワ州)、トゥガル・ルアル(バンドン県)の4駅なる。
 CNNインドネシアなどによると、高速鉄道の総事業費は約86兆ルピアと見積もられていた。しかし、相次ぐ工期延長やコロナ禍の影響などで41・9%増の約122兆ルピアに膨れ上がり、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は6日、国家予算(APBN)を投入する決断をした。(センディ・ラマ)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly