中国・韓国にも販売強化 山口社長  KIIC、開発用地を拡張

 伊藤忠商事がシナルマスグループと共同開発するカラワン工業団地(KIIC、西ジャワ州カラワン県)で12日、新規拡張地の地鎮祭が行われた。じゃかるた新聞の取材に応じた山口真社長(57)は、これまで販売先の中心だった日系企業に加え、中国・韓国企業への販売も強化するとした。
 KIICは、新たに南西部エリアで105ヘクタールの開発用地(販売面積約70ヘクタール)を追加取得し、造成工事に着手した。入居予定の企業について、山口社長は「交渉中の日系・非日系企業は何社かある。ただ、現段階で最終購入決定をした企業はない」と話した。
 山口社長によると、開発用地は16区画に分けて販売する。販売価格は1平方メートル当たり190~200ドルを予定。工業用地の拡張以外にも物流倉庫やコンテナデポなどの産業用不動産の開発も進めるとした。
 コロナ禍でも開発用地の拡張に踏み切った理由について、山口社長は「開発済みエリア全体の9割以上がすでに売れている。販売エリア面積が少なくなってきており、以前から拡張をしたいと検討していた。また、コロナ禍でマーケットの状況はあまり良くなかったが、中長期的に見ればマーケット規模、カラワンの立地、(KIICの)品質を加味すれば拡張しても採算性は十分にあるという判断をした」と説明した。(長田陸、写真も、8面に関連記事)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly