ジャカルタ代表が優勝 「選手をほめてあげたい」 野中監督

 パプア国体(PON)で野中寿人さんが監督を務めるジャカルタ代表の野球チームが3日、決勝戦で強豪のランプン代表チームを下し、優勝した。
 PONの開会式は2日に行われたが、野球は9月23日に開幕した。PON予選を勝ち抜いたジャカルタ特別州、西ジャワ州、バンテン州、ランプン州、中部カリマンタン州、東カリマンタン州に加え、開催地枠のパプア州を合わせた7州で総当たり戦が行われ、上位2チームによる決勝戦が行われた。
 総当たり戦では、ジャカルタは5勝1敗。ランプンに13―10で敗れていた。3日に行われた決勝戦では、5―2でランプンにリベンジ、金メダルに輝いた。
 じゃかるた新聞の取材に野中さんは、「選手たちを優勝に導くことができ、ほっとした。これまで厳しい練習に耐えてきた選手たちをほめてあげたい」と喜びを述べた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly