BJSや日系企業に感謝 バンドン日本人会

 バンドン日本人会(BJC)の松村圭二会長は24日、じゃかるた新聞の取材に対し、BJCの近況を語った。松村会長によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で約1年半以上、日本人会としての具体的な活動を見送っているという。会員数も2年前から減り始め、現在は140人ほどになっている。
 ただ、このような状況下でも、バンドン日本人学校(BJS、西ジャワ州バンドン市)やバンドンに進出する日系企業の支援を受けながらBJCを運営している。松村会長は、「(協力をいただいている方々や企業に)お礼を申し上げたい」と謝意を示した。(バンドン=長田陸)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly