いつもと違う水族館

 土曜日、西ジャカルタのショッピングモール「ネオ・ソホー」内にある水族館「ジャカルタ・アクアリウム&サファリ」に訪れた。水族館に行くのは約2年ぶりで、とても楽しみにしていた。
 水族館1階にはチンアナゴやダイオウグソクムシのほか、ピラニア=写真=などの生物が展示されている。2階の一部エリアには、サーバルキャットやオウムなど、陸上で生活する生物も展示されていた。水族館の規模は小さいものの、ペンギンショーなども開催され、楽しむことができた。
 水族館で休日のひと時を楽しんでいると、小さい子どもがいないことに気がついた。私が水族館に訪れたのは土曜日の夕方ごろ、家族連れで賑わっていてもおかしくない時間帯だ。館内にいるのはカップルや写真撮影を楽しむ大人ばかりであった。
 「どうして子どもがいないのか」。疑問を残しながら水族館から出ると、あることに気がついた。新型コロナウイルスの感染症対策で、ワクチン接種をすることができない小さな子どもは、そもそもモールに入ることができないのだ。そういうことだったのか、と一人で納得した。水族館に行きたくても行けない子どもたちにとってはとても残念なことだと思うが、私はいつもと違う雰囲気の水族館を楽しむことができた。(じゃかるた新聞=長田陸)
                   ×   ×
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本欄では同窓会や同好会、同郷会の皆さまからのイベント開催報告の募集を停止しております。これに代わり、暮らしの中で見つけた新たな発見や、インドネシア生活で感じたこと、思い出などについてのご寄稿を募集します。
 原稿は写真1枚付き。文末に氏名かペンネームをご記載ください。
 掲載時は12文字詰で20~60行程度になるよう、編集させていただきます。
 投稿は担当者(メールjalanjalan@jkshimbun.com)まで。ご応募お待ちしています。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly