日系企業との連携歓迎 安定サプライチェーン構築 HMI

 財閥トリニタン・グループ傘下のハイドロテック・メタル・インドネシア(HMI)は30日、同社のニッケル製錬技術(STAL技術=Step Temperature Acid Leach Technology)が明和産業と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に採択された25日のコンサルタント契約を歓迎すると発表した。契約締結を通じてHMIは今後、長期的に日本への安定したサプライチェーンを構築する。
 同社のウィドド・スチプト社長は、「日系企業による技術の評価は、日イの二国間関係をより強力にするものになる。また、脱炭素社会が進展する中、電気自動車(EV)のバリューチェーンに革新をもたらすこともできる」と話した。
 STAL技術は、原鉱から低コストでニッケルとコバルトを抽出する技術。同技術は廃棄されている1・7%以下の低品位ニッケル鉱石を活用することができ、環境負荷の低減が期待される。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly