カブール撤退を決定 アフガン政権崩壊 ルトノ外相

 ルトノ・マルスディ外相は21日、アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都・カブールを制圧したことを受け、カブールにあるインドネシア大使館の機能を一時的にパキスタンのイスラマバードに移す方針を発表した。
 東ジャカルタにあるハリム空軍基地でルトノ外相は、外交団の退避について「少人数をカブールに残し、外交任務を継続させる計画だったが、新たな展開を受けて変更する」と述べた。「新たな展開」の内容について外相は、記者団の質問にもコメントを避けた。
 ルトノ外相はまた、アフガン情勢について「平和と安定という政治プロセスとともに、女性の権利が守られるよう強く求める」と述べた。
 インドネシア国軍は同日、カブール空港から大使館員など子どもを含むインドネシア人26人を救出。空軍機はフィリピン人5人とアフガニスタン人2人も受け入れた。(リリス・イラワティ)

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly