ブカシ県知事死去 新型コロナに感染

 西ジャワ州ブカシ県のエカ・スプリア・アトマジャ知事が11日午後9時半ごろ、新型コロナウイルスに感染し、バンテン州タンゲランにあるシロアム・クラパ・ドゥア病院で入院中、死去した。48歳だった。エカ知事は4日から同院に入院しており、心臓病も患っていたという。地元メディアが報じた。
 エカ知事は2014年からブカシ県議会議長を務め、17年の県知事選で副知事に当選。チカランのニュータウン「メイカルタ」開発事業をめぐる汚職事件で、収賄罪に問われたネネン・ハサナ・ヤシン前県知事の解任に伴い、19年に県知事に昇格した。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly