外国人訪問者13.2万人 中央統計局

 3月の外国人訪問者数は13万2597人で、3カ月ぶりに増加した。前月比14・5%増で、前年同月比では72・7%減。日本からは約300人と記録された。中央統計局(BPS)が3日、発表した。
 うち1万2852人が航空便を利用した。ジャカルタ近郊のスカルノハッタ国際空港の利用者が1万188人で、大半を占めた。北スラウェシ州マナドのサムラトゥランギ国際空港(北スラウェシ州マナド)が2513人で続いた。海路は4万854人でバタム港(リアウ諸島州)の利用が多く、陸路は7万8891人だった。
 国別の割合では、東ティモールが最多で49・1%を占めた。マレーシア(30・9%)、中国(6・4%)、シンガポール(1・9%)が続いた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly