検査でも断食中断ならず ファトワを発令する方針

 イスラム学者会議(MUI)は8日、ラマダン(断食月)の日中に新型コロナウイルスの検査の受けた場合も、「断食を破ったことにならない」とするファトワ(宗教見解)を示した。綿棒を口や鼻の中に入れる行為について疑問視する声があったという。地元メディアが報じた。
 MUIは検査は「あくまで検体を取るためのもので、何かを摂取するわけではない」と説明。国内のイスラム教徒に、期間中も政府当局の検査に協力するよう呼びかけた。
 MUIは3月、新型コロナのワクチン接種でも断食を破ったことにならないとするファトワを発令していた。     

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly