監視カメラで取り締まり バンドン県で約6万人

 西ジャワ州警察は30日、バンドン県で23日から開始した監視カメラで交通違反を取り締まる「エレクトロニック・トラフィック・ロー・エンフォースメント(ETLE)」で、29日までに交通違反で約6万3813人を取り締まったと発表した。地元メディアが報じた。
 州警は同県に監視カメラ21台を設置。シートベルト無装着で約4万3132人、スピード違反で約8931人、ヘルメット着用義務違反で約6109人、信号無視で約3333人、運転中に携帯電話の使用で約2308人を取り締まった。
 警察によると、ナンバープレートに登録された住所をもとに、違反者には交通違反切符を送付したという。
 同監視カメラは、ジャカルタ特別州で98台、東ジャワ州で55台など国内の12州で計244台設置されている。(長田陸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly