アクシアに商業棟が完成 チカラン 30日に開業

 日系企業の工場集積地でもある西ジャワ州ブカシ県チカランのサービスアパートメント「アクシアサウスチカラン」の商業棟が完成した。地域の暮らしを支えるテナントゾーンには日系スーパーなどが出店し、30日に開業する。
 2014年9月に開業したアクシアサウスチカランは、長期滞在者や出張者の生活・活動拠点として利用されてきた。
 運営を手がけるTTLレジデンシーズによると、商業棟(3階建て)は居住棟と同じ敷地内に建設され、延べ床面積は約3万7千平方メートル。1階はテナントゾーンとなり、2~3階は居住者用の駐車場となる。居住棟とは屋根付きの専用通路で結ばれる。
 入居するテナントは、従来のアクシア店から移転する日系スーパーのパパイヤフレッシュギャラリーのほか、均一ショップのダイソー、焼きたてパンを提供する小麦ベーカリー、共愛メディカルサービスなどとなる。パパイヤの店舗面積は約900平方メートルで、過去最大規模となる。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly