いつかは人も戻るだろう

 打ち合わせを終えて、会社に戻る。スディルマン通りは渋滞もなく、車の流れはスムーズだった=写真。雨季から乾季に移り変わる時期だからなのか、日の入りが少し早くなったような気がした。スディルマン通りを走る車は、昨年の今ごろに比べると、だいぶ増えたように思えた。
 昨年の今ごろといえば、新型コロナ感染拡大による緊急対応で、企業は社員をオフィスから在宅勤務に切り替えを始めた。駐在員、そして駐在員に帯同する家族は、順次、一時帰国をしていったという。昨年の3月後半から6月にかけ、お客様の会社訪問も、ほとんどできなかったことを覚えている。
 その後、邦人は少しずつ戻り始めたというが、家族は日本に残して赴任先に戻ったという駐在員の方もいれば、駐在員の人数を減らす方針という企業もあると聞く。
 まだまだ時間を要するが、少しずつ邦人が戻り、10年ほど前のようにインドネシアに注目が集まり、出張者も多く、日本食レストランやカラオケも賑やかだった頃に戻ればと切に願う。(じゃかるた新聞=坂田恵愛)
×   ×
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本欄では同窓会や同好会、同郷会の皆さまからのイベント開催報告の募集を停止しております。これに代わり、暮らしの中で見つけた新たな発見や、インドネシア生活で感じたこと、思い出などについてのご寄稿を募集します。
 原稿は写真1枚付き。文末に氏名かペンネームをご記載ください。
 掲載時は12文字詰で20~60行程度になるよう、編集させていただきます。
 投稿は担当者(メールjalanjalan@jkshimbun.com)まで。ご応募お待ちしています。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly