タクシー運転手も接種

 仕事帰り、雨がひどかったので、通りに立たずアプリでタクシーを呼ぶことにした。やってきたドライバーはジャカルタにある道路と同名のアフマッド・ヤニさん。過去に彼のタクシーに乗ったことがあり、印象的な名前だから覚えていた。
 「久しぶりだね、元気?」とアフマッドさんも私を覚えていてくれた。2カ月ほど前から空港にスタイバイしているという。フロントガラスには、空港の名前が書かれた黄色いステッカーが大きく貼られていた。お客さんを送り終えたところで僕からのオーダーが入ったとのこと。
 「6日にワクチンを接種した。20日に2回目を受けるよ」とアフマッドさん。どうやら空港にスタンバイしているタクシードライバーは接種し始めているという。降りる際、2回目の接種日を通知するSMSを見せてくれた=写真。
 アフマッドさんは55歳で男、女、女、男の子ども4人。上の3人が結婚して、孫も4人。ドライバー歴20年という。「仲間があなたのことを知ってるよ。ムナラ・タムリンから家まで送ったって話してたよ」と教えてくれた。
 なんとなくうれしくなって、仕事仲間の名前を教えてもらった。スワルノさんというらしい。「有難う、じゃ、また。雨だから気をつけて」。今度、スワルノさんのタクシーに乗ったときはアフマッドさんの話しをしようと思う。(じゃかるた新聞=坂田恵愛)
×   ×
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本欄では同窓会や同好会、同郷会の皆さまからのイベント開催報告の募集を停止しております。これに代わり、暮らしの中で見つけた新たな発見や、インドネシア生活で感じたこと、思い出などについてのご寄稿を募集します。
 原稿は写真1枚付き。文末に氏名かペンネームをご記載ください。掲載時は12文字詰で20~60行程度になるよう、編集させていただきます。
 投稿は担当者(メールjalanjalan@jkshimbun.com)まで。
 ご応募お待ちしています。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly