思い出すウォノギリ

 新型コロナ禍となるまでは、年に1度、妻の地元の中部ジャワ州ウォノギリ県に帰省していた。ウォノギリの町から車で1時間かかる山間いの村に、妻の実家はある。村に2階建ての建物はない。村からオートバイで15分ほどの小さな町にも3階建ての建物はない。高層ビルの多いジャカルタとは真逆のようなところだ。
 子どもたちはオートバイや車の通行が多いジャカルタの自宅の周りとは違い、田舎では村の友達といっしょになって、あぜ道を走りまわっていた=写真。
 今は時々、妻に帰省をすすめるが、コロナ禍での帰省は、ジャカルタから来たということで警戒される視線も気になり、両親や親戚たちに迷惑をかけたくないという。
 きれいな空気を吸って、景色をながめて、あぜ道や村の周りを散歩してリフレッシュをしたいと、村での写真を見返すことが増えた。自由に行き来できていた頃が、随分と昔に感じてしまう。(じゃかるた新聞=坂田恵愛)
    ×   ×
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本欄では同窓会や同好会、同郷会の皆さまからのイベント開催報告募集を停止しております。
 これに代わり、暮らしの中で見つけた新たな発見や、インドネシア生活で感じたこと、思い出などについての寄稿を募集します。原稿は写真1枚付き。掲載時は12文字詰で20~60行程度になるよう、編集させていただきます。
 投稿は担当者(メールjalanjalan@jkshimbun.com)まで。ご応募お待ちしています。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly