行動制限を延長 22日まで

 政府は8日、同日を期限としていたジャワ島とバリ島での新型コロナウイルス対策の行動制限を22日まで延長すると発表した。ジャカルタ首都圏などで適用される。地元メディアが報じた。
 行動制限は1月11日に始まり、今回で3回目の延長となるが、今後は「小規模での公衆活動制限(PPKM Micro)」という位置付けとし、一部内容が変更された。
 今回の措置では、9日以降、商業施設と飲食店の営業時間は午後9時までとし、飲食店の利用客の定員も50%にまで緩和する。企業に義務付ける在宅勤務率は50%に引き下げる。
 一方、9日からは隣組(RT)ごとで感染リスクの高さをゾーン区分し、地区の状況に応じて礼拝所の封鎖や夜間の外出禁止などの規制をかける。
 外国人の入国制限も22日まで延長され、公務員などはイムレック(春節=中国旧正月)を含む12日~14日の連休中、市外への移動が禁止される。(三好由華)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly