大統領、捜索拠点を視察

 乗客乗員62人を乗せたスリウィジャヤ航空SJ182便の墜落事故で、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は20日、北ジャカルタ・タンジュンプリオク港に置かれた国家捜索救助隊(BASARNAS)の拠点を視察した=写真、大統領府提供。大統領は墜落事故が近年、国内で相次いで発生したことを受け、国家運輸安全委員会(KNKT)に事件の原因解明と再発防止を改めて指示した。
 KNKTは2月上旬をめどに、事故原因に関する調査報告書を発表する方針だ。
 ただBASARNASは墜落した9日から現場海域を捜索しているが、操縦室の会話記録が入った「コックピットボイスレコーダー(音声記録装置)」を回収できていない。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly