パナソニック・ゴーベル グラブと共同プロジェクト 「ナノイーX」技術

 パナソニック・ゴーベル・インドネシア(PGI)は14日、同社の新型コロナウイルスを除去する空気清浄技術「ナノイーX」を搭載した車載用空気清浄機をジャカルタ特別州内で3カ月間、シンガポールの配車サービス大手、グラブのタクシーに設置すると発表した。
 この日の会見で両社は、「利用者の快適な利用のため」「利用者の健康のため」という共通理念が一致し、今回の共同プロジェクトを決定したとした。
 PGIは昨年から始まった新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ナノサイズの微粒子イオンの技術で開発した従来の「ナノイー」を進化させた「ナノイーX」の実用化。これまでエアコンや屋内用空気洗浄機で利用されている。車載用の空気清浄機は、空気中のウイルスを除去し、狭い車内で清潔な空間を保つことができ、1月中旬から3カ月間、同州を走る約2千台のグラブタクシーのプレミアムクラスに設置される予定だ。
 このプロジェクトはマレーシアのクアラルンプール、シンガポール、ベトナムのホーチミン、ハノイでも実施される。
 PGIの大津朋信社長は「(ナノイーXの)技術は必ず役に立つ。インドネシアに広めたい」と強調。グラブのアレクサンドラ・ブディー広告部長も「PGIの技術でドライバーと乗客の安全を守りたい」と話した。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly