南タンゲランは現職が当確 プラボウォ氏めいら落選か

 9日に投票が行われた統一地方首長選で、主要メディアは10日、バンテン州南タンゲラン市長に出馬した、現職副市長のブニャミン・ダフニ氏の組が当選確実だと報じた。同市ではプラボウォ・スビアント国防相のめいやマアルフ・アミン副大統領の娘の組も出馬していたが、どちらも落選する見込みだ。
 プラボウォ国防相のめいは10日に「敗北宣言」を発表。「今は現実を認める」としブニャミン市長に対して「人々の声に耳を傾け、信頼できるリーダーになってほしい」と伝えた。
 一方、東ジャワ州スラバヤ市の市長・副市長選では与党・闘争民主党の公認候補エリ・チャヒヤディ氏が当選確実と報じられている。現職のリスマ市長の路線を継承するとみられる。
 今回の選挙ではジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領の長男、ギブラン・ラカブミン・ラカ氏が中部ジャワ州ソロ市の市長選に、娘婿であるボビー・ナスティオン氏が北スマトラ州のメダン市長選に出馬。いずれも当選確実とされている。





政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly