リジック氏の看板、軍が撤去

 強硬派団体「イスラム擁護戦線(FPI)」の代表、ハビブ・リジック・シハブ氏やFPIの看板や横断幕が20日、国軍に大量撤去された。地元メディアが報じた。
 ジャカルタ軍管区司令官のドゥドゥン・アブドゥマン少将は同日、東ジャカルタ・チリリタンの地方司令部で、「今後もリジック氏の看板撤去を続ける」と強調した。すでに各地で900枚を超える看板を取り外したという。
 これに対しFPIは、インドネシア国軍の活動を定めた法律(2004年15号)7条を根拠に国軍の対応を批判。今回の措置は同条2項が定める「その他の軍事業務」には当たらず、撤去は不当と主張している。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly