ジョコウィ大統領 結束を呼びかけ APEC首脳会議

 東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国や日本、米国、中国などアジア太平洋地域の21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が20日、オンラインのテレビ会議方式で開かれ、インドネシアからジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が出席した。
 会議では、貿易・投資の自由化を2020年までに達成することを目標として、1994年11月に首脳会議で採択したボゴール目標に代わる方針、「プトラジャヤ・ビジョン2040」を策定した。
 ジョコウィ大統領は「いま、26年前にボゴール目標を決めた発祥の地ボゴール宮殿にいます」とあいさつ。「先進国と新興国、相互に利益をもたらす経済秩序を達成するため、協力の精神を育てよう」と呼び掛けた。
 大統領はまた、新型コロナ問題により、APEC首脳会議参加国の経済状況が悪化している状況を指摘。国内総生産(GDP)が2・7%縮小し、7400万人が雇用を失ったとする推計を示し、「この困難な時期から抜け出すために、今こそ94年と同様の関係性を再構築する時だ」と結束の重要性を強調した。
 デジタル技術活用などを通じた国家間の連結性の強化と、それに伴って人材育成を進めることの意義も指摘した。

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly