物流業界 プリオク開発に反対 新港整備を受け

 インドネシア輸送学会(MTI)はこのほど、北ジャカルタのタンジュンプリオク港の取り扱い能力増加を目指して政府が進めているニュープリオク・コンテナ・ターミナル(NPCT)開発事業について、取りやめるべきという声明を出した。地元メディアが報じた。
 インドネシアロジスティクス協会(ALI)も同様の考えを示している。
 西ジャワ州で日本の円借款でパティンバン港が建設されていることを踏まえ、「近接して2つの港があると流通機能が分離し、機能しなくなる。船主のコストを増加させる」と提言している。
 政府はこれまで、両港の整備の必要性を主張してきた。輸出入貨物がタンジュンプリオク港に集中し、手続き遅滞や周辺の交通渋滞などの問題が起きていることから、新港整備の必要性があるとしている。
 経済成長に伴って、タンジュンプリオクの能力増強も必要という立場をとっている。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly