バーチャル祭りを開催 さくら祭りでの再会願い KAJI

 元日本留学生などが集まる「日本インドネシア同好会(KAJI)」は4日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、オンラインを通じた日イ交流イベント「バーチャル祭り」を開催した。新型コロナウイルスの感染拡大で中止された「さくら祭り」に出演予定だったプロ・アマチュアのアーティストら20組以上が出演した。

 歌手の加藤ひろあきさんは昨年11月にカバーした「涙そうそう」(作詞森山良子、作曲BEGIN)のミュージックビデオを配信。生中継にも出演し、「兄の死という悲しみを乗り越え、前へ進もうという思いを歌った歌詞が、パンデミック(世界的大流行)を乗り越えようという気持ちに重なった」と選曲の理由を話した。
 昨年8月に「演歌女子ルピナス組」から改称したアイドルグループ「民族ハッピー組」は、メンバーが作曲した「ネグレクト」など3曲を披露した。
 昨年8月に結成した日本のロックバンド「ディスベリーデイ」もミュージックビデオを配信。来年のさくら祭への参加に意欲を見せた。
 KAJIのフアド会長ら66人による合唱では、KAJIの歩みを振り返りながら、新型コロナ問題収束後のメンバー同士の再会に思いをにじませた。
 フアド会長は「(オンラインイベントは)初めての経験だったが、みんなのお陰で無事を終えられて、うれしかった。来年は(新型コロナが収束して)さくら祭りができればと思っています」と話した。(高地伸幸)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly